スタッフブログ
こあサポ応援ブログ

2018/04/16

謝り方

いつも、こあサポのブログを読んでいただき
ありがとうございます。

こあサポートの富樫です。
私が前回のブログでご紹介したのは、『メラビアンの法則について』
をもとに面接の受け方についてご紹介をいたしました。

今回は、最近の私の出来事から『謝り方』についてご紹介いたします。

今週、私は大事な書類を上司に提出するのを忘れていてしましました。
それに気づいたとき、私は「やばい!叱られる」「こいつは仕事が
できないやつだと思われる」とあれこれ想像しました。
それと同時に「俺だって、怠けてたわけじゃないし、忙しかったんだよ」
とも考えました。
こういうときに謝るのは本当にイヤですよね・・・。
できれば「俺のせいじゃい」って言いたいですよね。
でも!忘れた張本人は、ほかの誰でなくこの私です!

ここで大事なことは、謝るときの内容と順序です。

よくありがちなのは次のような謝り方です。

「実は、○月×日までに提出する書類ですが、今週は会社訪問や相談者の
面談がたくさんあって忙しかったんですよ。そのせいで、予定もいろいろ
変更になって、私も大変だったんですよ。スイマセン。」

みなさんが私の上司なら許してくれますかね・・・。
多分、無理ですよね・・・。

大事なことは、以下①~③に沿って謝罪することです。
① 忘れてた事実を認め『気持ちをこめて』謝る
② 経緯の説明とその後の対処について説明
③ 今後、どのように行動するかの説明

この①~③に沿って謝罪すると以下のようになります。

①「この度は、○月×日に提出する書類の期限を忘れてしまい
  申し訳ありませんでした。」
②「今週、会社訪問や相談者の面談等多く予定も入っていたのも
  事実ですが、書類作成の時間をつくる意識や工夫が足りて
  ませんでした。本日、書類作成を最優先事項とし、すでに
  入っていた会社訪問や相談予約についてはそれぞれ連絡を
  取って日程を変更してただき、書類作成に取り掛かってます。
  ついては、書類提出ですが明日の9時にしていただけますで
  しょうか。」
③「今回の不祥事は、私の仕事の優先順位がしっかりつけられなかった
  ことに加えスケジュール管理に不備があったことが原因です。
  今後は、スケジュールを管理する手帳には提出期限の記載忘れを
  徹底し、同時に優先順位がわかるように番号を記載し、二度と
  このようなことがないように気をつけます。」

謝るときに大切なのは、自分よりも相手がどう感じるかを考えること
だと思います。
つまり、相手が『謝罪』として聞くのか、『言い訳』として聞くのか
の違いです。
しっかりと謝罪をするためには、失敗に至った経緯を振り返り自身の
『行動を分析』することが大切です。
この行動分析をすることが、みなさんがよく耳にする『失敗は成功のもと』
につながるのではないかと思います。

誰しも望んで失敗をしてるわけではありません。一方、その失敗こそが
職業人としての成長のきっかけになっているとも思います。

今、一生懸命お仕事をされている方、施設で訓練を積まれている方も
いらっしゃると思います。その中で、失敗をして謝罪をしなければならない
状況に立たされたとき、このことを思い出してみてください。

私たちは、これからも日々頑張るみなさんを応援しています。

以上、こあサポの『謝罪番長』でした。

最新記事

アーカイブ

施設一覧

施設一覧

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

Copyright Atago Fukushikai All Rights Reserved.