スタッフブログ
ひだまりdiary

今週に入って大寒波が到来し、全国各地で様々な不具合が生じているニュースが聞かれています。

郊外にあるひだまり保育園は、吹雪になると周りが真っ白になります。

P1260260 P1260265

連日、最高気温が氷点下0℃以下となり、24日夜には保育園から高野(隣の集落)までの約300メートルの県道の間に、トラックや軽自動車等6~7台が吹き溜まりに埋もれていたようで、翌日には「通行止め」になっていました。今までどんなに悪天候でも通行止めになったことがなかったので、吹き溜まりができた道路での吹雪の中の運転の怖さを改めて感じさせられました。

そのような状況でしたので、朝の通園バスを急きょ運休にし、保護者の皆様には送迎のご協力をお願い致しました。

 

その25日、保育園の水道管が凍ってしまい、水が少ししか出ない状態⇒水が出ない状態になり、給食も非常用にストックしていた水を使い、メニューを少し変更して何とか給食の提供をすることができました。食器も洗う水もないということで、ご飯はおにぎりにし、汁物やおかずは非常用の紙皿や紙コップなど簡易食器を使い…災害時の訓練のような風景でした。ですが「手洗いが出来な~い」「トイレの水が流れなーい」「のど乾いたー」‥等、子どもたちには不便な思いをさせてしまいました。

ほんの少し出る水道からの水をバケツやポリタンクに溜めて手洗いやトイレに使いました。

P1260266 P1260267 P1260268 P1260269 P1260270

胎内市にもタンクで給水していただきましたし、お隣の愛広苑さんにもお水を汲みに行かせていただいてどうにか対応できました。

 

翌日には、道路事情は少しよくなったものの、水が足りず給食提供ができない状況で、登園する際には各自、お弁当と水筒を持参するお願いをさせていただきました。

 

保護者の皆様には、色々と大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

普段、あって当然のように使っていた「水」のありがたさ、を子どもたちも職員も身に染みて感じたできごとでした。

水がないと、生活していく上で本当に不便であること、本当に水が大事だということ、大切に使わなければならないことを学びました。

大変でしたが、貴重な経験をすることができました。

 

業者さんに調べてもらったところ、水道管の凍結は、気温が上昇して解けなければ復旧しないのだそうです。。。

1日でも早く復旧してもらいたいところですが、この寒波が去るまでは難しいかもしれないとのこと。

もう少し、この状態が続くことになるかもしれません…。

 

保護者の皆様には重ね重ねもう少しご迷惑をおかけするかと思いますが、ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

1月20日、平成23年度の卒園児交流会が行われました。

この学年は49名で卒園したのですが、胎内市以外の小学校に転校した子も多くいたのでこの交流会の呼びかけにどのくらい集まれるかな…と思っていましたが、今回40名のみなさんが参加してくれました。

 

小学校が違っても、共通のスポーツをしているという話題からキャッチボールを始めたり、長なわとびを楽しんだり、みんな誘い合って遊んでいる姿が見られとてもいい雰囲気でした。この子どもたちが卒園式で歌った「ともだちでいようね」の歌の歌詞の ♪ずっとずっと忘れない♪  ♪ともだちでいようね♪ とある通り、友達のことを忘れてないんだな~と嬉しく思いました。

 

久しぶりに保育園に来て、園庭やお遊戯室で遊び「懐かしい~」「こんなのあったっけ?」「先生たち変わらないね」‥等、久しぶりに会った職員にも笑顔で話しかけてくれた卒園児さん、体は大きくなっているもののみんなも面影があり、小さいころと変わらない部分を見てほっとしてみたり…でも、すごく成長を感じました。小学校生活6年間でぐーんと大人になるものですね。

 

短い時間ではありましたが、たくさん笑って、思い出話に花が咲き、とても心があったかくなったひとときでした。職員は卒園児さんの成長した姿を見て、「私たちもこれからも頑張っていこう!!」とパワーをいただきました。

お家の方々とも久しぶりにお会いできていろいろな近況を聞けて、嬉しかったです。

 

また、おおきくなったみんなに会いたいな・・・

 

これからの中学校生活での活躍を職員一同応援していきたいと思います。頑張ってください。

 

P1200194

2018/01/16

 1月13日(土)に、保育園の園庭でどんど焼きが行われました。

 

工程としては、まず、やぐらの軸を竹で組み立てていきます。その後、豆がらや稲わらを中に入れて土台を作っていきます。

IMG_1336 IMG_1339

 

お札を稲わらの上に置き、「こも」で囲っていきます。

最後にしめ縄や熊手を飾り、子どもたちの願いごとの書かれた短冊をまきつけました。

 IMG_1340 IMG_1341

 

 

地域のみなさんや園児さんのお父さんやおじいちゃん等々…ボランティアさんのお力を借りて、今年も大きな立派なやぐらができました。お手伝いして下さったみなさん、朝早くから本当にありがとうございました。

IMG_1344

 

そして、点火。大きいやぐらでしたので、例年よりも燃えるのに少し時間がかかりましたが、無事に終わることができました。

みんなの願いが天に届きますように。。。

IMG_1350 IMG_1367

 

保育園の玄関には、だんご木が飾られています。色とりどりの飾りでとても華やかです。

こちらも地域の方々にご協力いただいて子どもたちと一緒に飾りつけをしました。

P1100175

 

今年もみんな事故やケガなく、一年笑顔で元気に過ごせますように。

今年もよろしくお願いいたします。

 

最新記事

アーカイブ

施設一覧

施設一覧

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

Copyright Atago Fukushikai All Rights Reserved.