スタッフブログ
ひだまりdiary

ひだまり保育園の乳児クラスのお友だちには「マイドール」をお家の人に作ってもらっています。

保育園でお家の方が作ってくれた世界にたった一つの自分だけのお人形…子どもたちは大切にしています。

普段は「マイドールのおうち」に入れてあるマイドールですが、子どもたちおんぶひもでおんぶして遊んだり、抱っこしたり自由に使っています。

IMG_6434 IMG_6433  IMG_6437

ちょっぴり悲しくなっちゃった時、絵本を見ている時、お昼寝でお布団に入る時、子どもたちは自然とマイドールを片手にしていることが多く見られます。

悲しくて泣いている子がいると、お友だちのマイドールをちゃんとわかっていて、そっと持ってきて渡してくれます。子どもたちはお友だちのマイドールがどれなのか、教えなくてもしっかりわかっているのです。

IMG_6435 

 

お家の方の手作りのマイドールは、子どもたちにとって安心できるお人形です。

 

大切なお人形なので、お片付けも自分たちでしています。子どもたちは使い終わったら自分のマイドールのお部屋に戻していますが、中には家に持って帰り、また翌日に保育園に持って来たりするお子さんもいます。

 

子どものマイドールをお家の方に作ってもらっていますが、実際に作ったことのない職員は、保育園で自分のマイドールを作っています。

苦手な職員もいますので、上手な職員に教えてもらいながら、時間を見つけてすすめています。

 

 IMG_6397    IMG_6394

お家の方が愛情込めて作って下さったマイドールを持つことでお家の方と離れていても安心して過ごせています。

お忙しい中作って下さったお家のみなさんに感謝いたします。

  ある朝、早番の職員が出勤すると、保育園の玄関にほぼ動いていないクワガタムシがいました。

あまり動きがない=弱っていたように見えたので、ペットボトルのふたに昆虫ゼリーを入れておいてみました。

なかなかエサの方に行かないので、食べやすいようにふたの上に乗せてみました。

そしたら…

DSCF0465 DSCF0466

ようやく口が動き始め、だんだん元気が出てきました。登園してきた子から次々に「くわがたがいるんだよ!」「えさたべてるから早くおいで」とクワガタムシのまわりは子どもたちがいっぱいに…。

DSCF0463 DSCF0462

「あっ、動いたよ」「落ちちゃった」「足がひっかかったよ」・・・ひとつひとつの動きをじっくり見て、解説していたのですが…

仰向けになってひっくり返り、起き上がれず手足をばたばたさせているクワガタムシを見て、何人もの子が

 

「あっ、だだこきしてる~!!」

DSCF0461

ですって。

思わず、聞き返してしまいました。「ほら、赤ちゃんとかするやつだよ」「わざと寝転がってるのをだだこきっていうんだよ」

「だから、やだやだ~ってだだこねて困らせているの!」と保育士に一生懸命に説明してくれました。捕まるものがないから起き上がれないんだな、と思ってみていたので、まさかの会話・・・大人にはない発想でおもしろいと思って話を聞いていました。

 

その後、年中さんの子が自分のクラスから図鑑を持ってきてページを開き、その上にクワガタムシを置いてどれと同じかと見比べていました。

DSCF0460  DSCF0458

 

DSCF0459  DSCF0464 

しばらくの間、夢中になっていた子どもたちでした。

 

最近のひだまり保育園では、赤ちゃん誕生ブームです。

玄関の飼育ケースの中のすずむしが孵化し、赤ちゃんすずむしがいっぱい産まれました。

ぶどうぐみのザリガニは、卵を産み、昨日あたりからお母さんザリガニのまわりを小さなザリガニの赤ちゃんが泳いでいます。

事務所の飼育ケースでは、暖かい日にカブトムシの(だと思われる)幼虫が数匹、土の中から出たり潜ったりしています。

外玄関には、くにおくんとかめじくん。いもりさんや金魚さんもいます。

 

たくさんの生き物に囲まれ、観察しながら楽しく過ごしている今日この頃です。

飼育していく中で、小さな生き物にも命があることに気が付いたり、好奇心を持っていろいろと調べようとしたりする姿を大事にして保育していきたいと思います。

 

 6月2日(土)に第7回目の男のイベントが行われました。

お休み中にもかかわらず、子ども達のために・・・と保育園に足を運んで下さったお父さん達。男性職員とともに3班に分かれて、園の環境を半日かけて整えて下さいました。

 

まずは草刈りチーム。

 IMG_6354  IMG_6356IMG_6373 IMG_6374  

園周りや園庭など、広範囲にわたり熱い中一生懸命草刈り機できれいにして下さったお父さん達。見通しもよくなり、おかげですっかりきれいになりました。

 

次は、網戸清掃チーム。

IMG_6361 IMG_6363

IMG_6371

網戸にたまった埃や汚れをブラシで落とし、きれいに水をかけて洗ってくださいました。これからの季節に大活躍の網戸は、おかげでピカピカになりました。

 

最後に自転車小屋チーム。昨年度に、このイベントで作って頂いた自転車小屋が冬の強風で倒壊してしまったので、今回はリベンジ!!

建築関係のお仕事をなさっているお父さんのお力を借りて、再度自転車小屋を作成することになりました。

  IMG_6359     IMG_6364  IMG_6366 IMG_6367 IMG_6368       IMG_6375

小屋の囲いを丁寧に取り付けていただきました。屋根にのぼったり、釘と金槌であっという間に作っていく姿はさすがお父さん!と感心させられました。

囲いに使った波板材の端で子どもたちがけがをしないように手直ししている作業にも、子どもへの愛情が感じられます。

   IMG_6379

    IMG_6383

最後は、協力して下さった方々と共に、はいチーズ!

皆様、気持ちよく作業をして下さってありがたく思いました。子どもたちもまた気持ちよく園で過ごせることと思います。また、自転車小屋の復活に喜ぶことでしょう・・・。本当にありがとうございました。

男としての力を見せて下さった男のイベント。

これからも男性職員とともに子どもたちのために、また男同士の絆を深めるために継続していきますので、沢山のお父さん、おじいちゃん、おじさんなど、男のイベントへの参加お待ちしております!

最新記事

アーカイブ

施設一覧

施設一覧

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

Copyright Atago Fukushikai All Rights Reserved.