2020/01/22

お面づくり

お正月も終わり、来月早々に「節分」があります。

節分は無病息災につながる意味も含まれています。

子どもたちがこの一年、元気に過ごすことを願って

こども園でも節分の日に豆まきを行います。

 

まずは手始めにお面作りを行いました。

シール貼りが上手になり、少しずつ「自分で!」と

自我も見られるようになった小さな子ども達。

008018

032

 

紙を丸めたり、広げたりと動きを繰り返しながら

楽しんでいました。

 

少し大きなお兄さんは初めての素材に挑戦です。

毛糸を丸め、目は怖そうな表情に。

そして鬼の大事な歯も指先を使って貼りました。

024

 

自分の鬼が完成すると・・・

028

 

納得の出来栄えにご満悦でした。

 

最後は大きなお姉さん。

最初は顔作りから始めました。

口や鼻を貼り付けます。

のりを「すくう」「のばす」ことは「加減」を

知るための大切な経験です。

005

 

 

 

次は鬼の髪の毛作りです。

穴の開いた厚紙に毛糸を自由に通していきます。

毛糸を通した針をしっかりと持って、集中し

ながらさしていきます。

013015

 

できあがった鬼は迫力満点!!!

(園にてご覧ください)

 

「やだやだ鬼」「おこりんぼ鬼」・・・体の中には

いろいろな「鬼」が潜んでいそうですね。

でも、ちょっと厄介そうな鬼ですが、これも元気に

成長している証です。

自分の気持ちがうまく伝えられない年齢ですが、

そんな時期を楽しみ、今しかない成長の1ページに

なるといいですね

 

 

 

 

今日、クリスマス会を行いました。

子どもたちはこの日に向けて、飾り付けや制作を

楽しみながら待っていました。

034 036 

 

クリスマス会では・・・

「うさぎ野原のクリスマス」の歌に合わせてペープ

サートを楽しみました。

045  052 

 

動きのあるペープサート、子どもたちは大好きです。

ひらひらする紙が何でくっつくのかもとても不思議

なようで、触れてみたくなることも・・・。

071  062

058

 

 

お話のあとは「ATAGOコーラス隊」から

歌のプレゼント

「キラキラ星」他2曲

いつもは子どもたちが好む歌をたくさん歌いますが、

この日はスペシャルです。その特別感が子どもたち

にも伝わったように感じました

 

今日来るサンタさんのお話を子どもたちにしている

と、どこか遠くから鈴の音が聞こえてきました

シャンシャンシャンシャン・・・

すると、サンタさんとトナカイさんが入ってきたの

です!

077 

「メリークリスマス!」とサンタさんの大きな声と

その姿に子どもたちは目を丸くしながらサンタさん

たちに釘付けです。中には表情が変わり、保育士に

くっついてしまう子も。

 

サンタさんは大きな袋に子どもたちのプレゼントを

届けに来てくれたことを知ると、どこか表情も安心

した様子。

サンタさんから名前を呼んでもらい、一人ずつ

プレゼントを受け取りました。

099 100

103 105

085

 

 

1人ずつプレゼントを受け取ったのですが、サンタ

さんはまだプレゼントを抱えています。

するとサンタさんが・・・

「こども園のお友達みんなで使うプレゼントを

持ってきました。仲良く使ってね!」と。

みんなでお礼を伝えました。

「サンタさん、ありがとう

 

サンタさん、トナカイさんと最後にみんなで記念

撮影をして、お別れしました。

115

 

給食の準備までの間、みんなでサンタさんから

もらった「みんなへのプレゼント」の中を見て

みることに。

117

何かな?

何かな?

139

たくさんの絵本が入っていました。

新しい絵本をみんなで楽しみました。

122

 

 

今日の給食はクリスマスバージョンです

完了食・後期食

142 

幼児食

152

 

 

147144

145146

148159

157161

 

最近は「自分で!」の気持ちが芽生え、自分の手で

食べることを楽しんでいます。

食べ終わる頃には素敵な手になっていますが、

とてもいい表情で、自分から「ごちそうさま」を

しています。

日々の積み重ねが、子どもたちの育ちにつながって

いることを感じます。

 

このところ、体調を崩してしまうお友達も多く、

なかなかみんな揃う日がなかったのですが、

今日は久しぶりにみんなでクリスマス会ができた

ことはとても嬉しかったです。

ありがとうございます

 

サンタさんからのプレゼント、何が入っていた

かな?お家でお使いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年近隣の商業施設様から100個のチューリップ

の球根をいただきました。

お天気の良い日がここ最近なく、植え付けを見合わ

せていましたが、今日は文句なしの良い天気!

おやつを食べてから球根の植え付けを行いました。

004

 

小さなお友達は「これ、なんだろう?」といった

表情で見入っていました。

 

 

001

球根を初めて手にしたこともあって、土の中に

植え付けるとき、逆さまになってしまうことも。

保育者に球根の仕組みをお話ししてもらい、

どこから芽が出てくるのかを知ると、次の植え

付けからは聞いた話を思い出して植え付けること

が出来ました。

005 007

「球根に優しく土のお布団かけてあげる」とそっと

両手に土をのせて、かけてあげていました。

 

球根の植え付けを終え、少しだけ砂遊びをすること

に。するとお団子を持ってきて、

「これ、チューリップが大きくなるように、ご飯

持ってきた!」と教えてくれました。

子どもも植物も栄養を摂ることで大きくなりますね。

さりげない心遣いが、心をホッと温かくしてくれま

した。

023 024

 

子:「チューリップ、いつ咲くの?」

保:「雪遊びをこれからたくさんして、雪がとけて

   春になったら咲くよ!」

 

どんな色のチューリップが咲くかな?

今からとても楽しみです

 

 

12月6日(金)

 

この日、開志上所こども園で英語指導をされている

先生にお越しいただき、初めて英語のレッスン体験

をしました。

 

朝から緊張気味の子もいましたが、先生を笑顔で

迎えることが出来ました。

003 023

 

レッスンでは子どもたちも楽しみながら参加する

ことが出来、ちょっぴり英語で答えられたことが

うれしく、少しずつ緊張もほぐれていきました。

 

英語で音楽に合わせて体を動かしたり、絵本を

見せていただき、小さな子も先生との触れ合いを

たくさん楽しむことが出来ました。

024 027

025 

 

来月、先生との英語のレッスンを楽しみに!

See You ☆☆☆ 

 

 

今日は消防署の方の立会いの下、避難訓練を行いま

した。

たくさんの消防士さんが来てくださいましたが、

驚くこともなく、いつものように訓練をすることが

出来ました。

 

この日、消防士さんは消防車と救急車に乗ってきて

くださっていました。

なかなか間近で見ることが出来ないので、子ども達も

目をキラキラとさせながら見ていました。

 

最後にみんなで写真撮影をさせていただきました。

084 087

 

 

「みんなの命を守るためには…」と訓練をするたびに

考える機会となっています。

ご指導いただいたことをしっかりと理解し、行動する

ことが出来るように努めていきたいと思います。

 

この季節、なかなか天気に恵まれる日が少なくなり

ます。

晴れ間はとても貴重な日。

「今度、晴れたら…」と考えると、いろいろと出て

きてしまいます。

 

先週も雨風が多い1週間ではありましたが、唯一

お天気に恵まれた日に、お友達みんなでお散歩に

出かけてきました。

 

歩くことがすっかりと上手になった子、一人で

座れるようになった子、お話しし始めるように

なってきた子、お友達との関わりを楽しんでいる子、

お友達とも遊びたいけど、一人の時間も大事にして

いる子などなど、年齢と発達の違いがありますが、

遊んでいる様子を見ていると、みんなすくすくと

育っていることが実感できます。

033 026

032 025

042 038 

散歩は大好きです。どの子もいい表情をして遊んでい

ます。

 

外遊びを満喫してくると、おなかもペコペコに…。

良く遊び、良く食べます。

048049

050051

053052

 

最近、この時間には「小さなお手伝いさん」が登場

してくれます。

「小さなお手伝いさん」は小さなお友達のエプロンや

おしぼりをゆすいでくれます。

045

 

毎日の何気ない生活の様子を見ながら、大人の真似

をすることで、経験となっていきます。

ゆすいだもの、ゆすいでいないものを把握しながら

やっていることに驚かされました。

いつもありがとう

 

園から見える山にも雪が積もり始めているのが見え

始めています。

「今度、晴れたら…」。

寒さに負けず、一日一日をみんなで楽しく過ごして

いきたいと思います。

 

 

 

 

2019/11/19

運動遊び

今朝は朝から薄暗く、お天気も雨模様

今日はお部屋の中で運動遊びをすることにしま

した。

 

お部屋の中に凹凸のあるマットを用意し、お山に

見立てました。

マットにゆっくりと近づき、一人、また一人と

山登りに挑戦!

007 008

011 013

小さなお友達は大きなおともだちが軽やかに上る様子

を憧れの目で見ます。大きなおともだちは小さな

お友達が登れるように見本を何回も見せてくれました。

015 019

 

実はこの遊び、小さなお友達は1カ月ほど前にやって

みたのですが、その時は登ることができなかった子や

腹ばいになることが苦しくて泣いてしまう子も…。

ですが、今回は小さなお友達みんなが意欲的に登り、

大きなおともだちの動きを真似するような様子も

見られました。

 

この運動遊びは手の力が特に重要です。自分の体を

手で支えながらバランスを保たせる必要があります。

 

遊びを通して、身につけたい体力を楽しくつけてい

ます。

018 022

 

 

出来なかったことが出来るようになった時、子ども達と

一緒に喜びます。子どもたちは誇らしげな表情をして、

たくさん見せてくれます。

出来るようになったことが自信がつながり、共感してもら

うことで大きなパワーになっていきます。

 

子ども達の「できた!」を増やせる機会をたくさん作り

たいと思います。

 

 

 

寒さも強まりはじめ、こども園から見える弥彦山の

木々の色も紅色に染まり季節の変化を感じています。

雪のたよりも聞かれ始め、園の近くでも冬に向けて

準備がはじめられていました。

055 058

(消雪パイプの点検をしていました)

 

今日11月15日は「七五三」です。

七五三は7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日

でもありますが、今日はこども園のお友達みんなと、

これまで成長を見守ってくれたお礼と

これからの成長を願って、近くの日枝神社まで

出かけてきました。

大きなお姉さんは、今日はお母さんが作ってくださっ

たマイドールと一緒です。

054 057

060

 

 

日枝神社につくと、早速みんなでお参りしました。

061 062

064

 

お参りしていると…ポツン、ポツンと雨粒が。

少し雨宿りをしてから帰りました。

071

 

 

帰ってきてから、小さなお友達も一緒に手洗いと

水分補給です。

089 090

091092

手を洗えるようになったこと、コップで飲める

ようになったこと、

小さなことではありますが大きな成長です。

053 048

 

これからの季節は体調を崩しやすくなりますが、

健康に毎日過ごせることができますように☆

 

 

 

 

 

 

 

 

今日10月31日は、ハロウィンの日です。

 

ハロウィンは収穫を祝う日でもあります。

この日の給食は子ども達と一緒に収穫をお祝いする意も

こめて、パーティーバージョンにしました。

068 067

 

 

070

 

子ども達は喜んで食べていました。

072 077

071 073

 

食べることが大好きな子どもたち。

日々、食べ物の「命」に感謝です。

 

 

お昼寝明け、かわいらしく仮装して、燕愛宕の園へ

Let’s go!

 

088 092

 

099 098

 

子ども達が来るのを楽しみに待っていて下さった施設の皆様。

利用者様は子ども達の名前を読んでくださいました。

すると子ども達からおまじないの言葉。

「Trick or Treat!]

 

すると…

124 

127 

128

 

お菓子をプレゼントしてくださいました。

 

初めての方にお会いすることに緊張もありましたが、

泣くお友達はいなく、最後には手を振って

さよならすることができました.

 

施設の皆様、ありがとうございました。

 

施設の方との触れ合いは子ども達には緊張もありますが

とても貴重な経験です。

 

緊張から解放された子どもたち。

園に戻ると「お菓子、食べた~い!」。

お菓子はお家でのお楽しみにすることにしました。

 

今日は仮装し終わってからもハロウィン気分は冷めることなく、

遊びの中でイメージを膨らませながら、ハロウィンを堪能していました。

 

 

今年は台風による災害もあり、これまで心を込めて育ててきた

作物も大きな被害を受けています。

いつも当たり前のように食べている食べ物に対して、

食べられることへの感謝の気持ちや、作ってくださっている方々への

感謝の気持ち、子ども達には食育を通して引き続き

伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月最後の今日、2歳児のお友達は初めての

園外保育に出かけてきました。

行先はみなみ親水公園です。

 

初めて施設の車に乗らせてもらい、少し緊張気味でしたが、

運転手の施設長さんとともに元気に出発進行!!!

015 017

 

降園に到着。

まずは公園の様子を眺めながらのおやつです。

020

青空の下で食べるおやつは、おいしさの感じ方も

違います。

 

いよいよ公園を散策することに・・・。

すると一番先に公園の立て看板に目が止まったお友達。

「ねぇ先生、ここになんて書いてあるの?」

023 024

 

看板には公園での遊び方のお約束が記されていました。

保育士はひとつひとつ図に合わせて伝えてあげると、

図に示されていることと、伝わってくることを照らし

合わせながら覚えようとする様子が見られました。

 

公園にはいろいろな遊具がありました。

025 048

 

 

 

公園には池もありました。石で向こう側まで渡れることを

伝えると、興味はあるものの少し怖かったようです。

怖いけど、渡ってみようかな…。

「先生と一緒に渡ってみる?」との言葉で、挑戦することが

できました。

035 036

 

 

公園には丘があり、丘のてっぺんから見下ろすと、公園の

大きさを知りました。

「あっちにも行ってみたい!」

「こっちにも行ってみたい!」

038 039

 

しかし、園に戻る時間に…。

「帰りたくない!」と純粋な気持ちを伝えてくれましたが、

納得がいかず、バスの中でふて寝してしまいました。

063

 

(あらあら、寝ちゃった…。)と思っていると・・・

「ん?あれ?」

065

起きてた!

 

また今度、お友達と一緒に行くことを約束にして、気持ちを

切り替えて帰ってくることができました。

 

保護者の皆様のご協力のおかげで、安全に、怪我なく楽しい

時間を過ごすことができました。

ありがとうございました♡

 

寒くなる前に、もう1度行けるといいなぁ~。 

 

 

 

 

 

1 / 3123

最新記事

アーカイブ

施設一覧

施設一覧

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

Copyright Atago Fukushikai All Rights Reserved.