ドリーム情報ステーション
BLOG

ドリーム情報ステーション

引き続きコロナ対策を

2020.05.28

先日、全国的に緊急事態宣言が解除されました。とはいえ、新型コロナウイルスの警戒を緩めれば、これまでの自粛行動が台無しとなります。さらに、感染再燃の恐れさえあります。

 

 肝心なワクチンや治療薬はまだ開発されておらず、「見えない敵」との闘いは続いています。新型コロナウイルスの感染経路は、感染者からの咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染と、ウイルスの付着した物に触れることによる接触感染の2つと考えられています。そこで、感染の原因となる、換気の悪い密閉空間(密閉)、多数の人が集まる密集場所(密集)、間近で会話する密接場所(密接)は、可能な限り避けなければなりません。

 

 生活を維持していく以上、食料品・生活必需品を買いに行く必要があります。持病のある人は病院を受診しなければなりません。テレワークが不可能な人は会社に出勤しなければなりません。健康維持のため運動も必要です。そのような場合は、人との接触を極力避けるような行動をとることが大事です。

 

 スーパーに買い出しに行くときは、混雑する時間を避け、レジに並ぶときは間隔を空ける。病院を受診する時は患者の少ない時間帯を選び、発熱している人はあらかじめ電話で相談する。公共交通機関を利用して出勤している人は、可能であれば通勤時間を変更するか、交通手段を変更する。運動する際には、近くに人のいない場所を選び、ジョギングする時は前後の人と間隔を空けるなどの対応が必要になってきます。

 

 新型コロナウイルスの感染防止は、私たち全員が、これらの基本的な対応を理解することから始まります。そして、新型コロナウイルスのアウトブレイクの現状をしっかりと見据え、不必要な外出を控え、人との接触を避ける行動をとらなければなりません。

今後も、マスク着用・手洗いといった基本的な予防策を油断することなく心掛けていきましょう。新型コロナウイルスが一日も早く終息し、平穏な日常が戻ることを願っています。