スタッフブログ
ひだまりdiary

2018/02/19

作品展

 

2月16日17日と2日間、作品展が行われました。

IMG_1486 IMG_1487 IMG_1489

お遊戯室いっぱいに飾られた数々の作品。お遊戯室に入る前に、「わあ~!!」というお家の方が何人もいました。

 

この作品展では、どんぐり組、くるみ組の作品と、幼児さんの異年齢の活動で作った作品と同年齢の活動で作った作品をそれぞれ飾りました。

 

まず、異年齢の各クラスで作ってきた作品は、イチゴやカタツムリ、ハロウィンの仮装品、絵馬やだるま等…平面的なものだったり、立体的なものだったりそれぞれいろんな制作物がありました。

幼児さんは異年齢クラスですので、同じテーマで制作をしているのですが、学年ごとにちょっと制作方法が違ったり、素材が違ったりして、それぞれの年齢の発達等を担任の先生がしっかり考えて無理のない制作を楽しんで作った作品が多かったです。

IMG_1490 IMG_1492 IMG_1488

同年齢の活動で作った作品は、3歳児「はらぺこあおむし」 4歳児「ピエロ」 5歳児「ランドセル」。

同じものを同じやり方で作っていても、個性あふれた作品となり、みんな違う楽しい作品が出来上がり、どれも素敵な作品ばかりでした。

IMG_1491

どんぐり組・くるみ組も今までの保育の中で作ってきた作品を展示しました。

子どもたちの制作したところに、少し保育士が手を加えてアレンジし、一段とかわいらしい作品になっていました。

 

玄関にはいつもおいしい給食を作って下さる「日本フードリンク」さんのサプライズな作品。

「食べられません」と書いてありますが、もちろん、本当は食べられます。すてきな作品、ありがとうございました。

IMG_1493 IMG_1494

 

お家の方と一緒に見に来た時に、子どもたちが自分の作った作品を嬉しそうに「これ、私のだよ!」「かわいいでしょう❤」と教えていました。

そして「上手だね」「かわいいのできたね」と声をかけられて更に笑顔になる子どもたち。その姿を見て、私たち職員もあたたかい気持ちになりました。

 

お忙しい中、そして足元の悪い中、作品展に足を運んでくださいましてありがとうございました。

 

 

 

 

1月から、年長児さんは週1~2回、お昼寝をしないで過ごす日を設けております。数か月後には小学校へ通う年長さん、小学校ではお昼寝の時間はなくなるのでお昼寝をせずに夕方まで過ごすちょっとした練習も兼ねています。

 

これまでにも何回かお昼寝のない日がありました。

お昼寝をしない日は「夕食を食べるころになるとグズグズ機嫌が悪くなる」「興奮して騒いでしまう」「家に帰るとすぐ横になる」等々お家の方々からお話がありましたが、子どもたちはお昼寝をしないで過ごすことに得意顔です。

子どもたちの姿を見ていると、本当は眠くて睡魔と闘っている時があると思うのですが表情とは裏腹に「全然眠くない!」「疲れてない」等、張り切っている様子が伝わってきます。

体力も考え、無理をしない範囲で小学校の先生と連携を取りながら、就学に向けての取り組みや活動を進めていきたいと思っています。

 

お昼寝をしない時間は、年長児だけが一部屋に集まり、まずは椅子に座ってお話を聞く練習もかねて、昔話などの素話を聞きます。絵がない言葉だけの話を耳で聞きながらイメージをする…今回はおばあちゃんの格好に変身した職員から「めっこだぬき」と「こそだてゆうれい」のお話を聞きました。

  P2140001 P2140002

とても集中して聞いていた子どもたち。ほとんどの子がうなずいたり、笑ったりしながらお話に吸い込まれてお話に聞き入っていました。

終わってから「絵がないけど、どうだった?」と聞くと、「おもしろかった!!」「よく聞いていたら、色が見えてくるみたいだった」と素話に新鮮さを感じたようです。

メディアのない環境での素話はとてもいい経験だと感じました。

 

その後、1人ひとりが鉛筆を持って、自分の名前を書いて、丸や線を引いたり、プリントにある字をなぞったり、数を数えたり…。

お勉強のような雰囲気ですが、どの子ももうすぐ小学校に行くから…とはりきってやっています。

「姿勢よく、鉛筆を持たない手は机の上だよね~」「間違えた時は消しゴムで消せばいいんだよ」とお互いに声を掛け合って楽しんで取り組んでいました。これまで何回かやっているうちに自分たちで気づいたり学んだりしているのが伝わってくる姿です。

P2140003 P2140004 

P2140005 P2140006 

 

前半は椅子に座って過ごすので、後半は天気が良ければお外で雪遊び、または室内で粘土、お絵描き、制作等々をして過ごしています。

卒園まであと2か月弱、年長児同士の関わりを深め、保育園の思い出作りを楽しんでいる今日この頃です。

 

 

 

今日は節分の集いがありました。

みんなでお遊戯室に集まって、それぞれのクラスの代表の子にどんなお面を作ったのか、紹介してもらいました。

P2020296P2020298 P2020299

 

そして節分の由来のお話を聞き、「まめまき」の歌を歌いました。

P2020303

歌い終わると……「ど~ん」「ど~ん」「ど~ん」とどこからか太鼓の音が。。。

子どもたちは、集いをしていた場所からすぐに立ち、鬼が来ると思ったらしく、なぜかお遊戯室の奥の窓側へ逃げて行き、新聞紙で作ったボールを豆に見立ててステージ側に向かって投げ始めました。

P2020306

ところが、しばらくして・・・赤鬼と青鬼が保育園の園庭側の窓からやってきました。

 

P2020309 P2020310

「キャー!!」と一斉にステージ側に走って逃げ、怖くて泣いて先生の後ろにしがみついたり、ピアノの下にそっと隠れたり、退治するのを忘れて逃げていました。

 P2020324 P2020322

中には、逃げている途中で鬼に抱きつかれてしまった子も。

勇敢に「鬼は外!福は内」と新聞紙のボールを投げて立ち向かう子も。

P2020314  P2020311

大暴れしていた鬼でしたが、子どもたちのパワーに負けてだんだん弱まり、お遊戯室の窓から逃げて行きました。

P2020327  P2020329 P2020330

逃げて行く鬼を見届けた子どもたちは、あと来ないようにと、しっかりと鍵をかけていました。

大人には思いつかない子どもの行動にほほえましさを感じました。

P2020331

鬼がいなくなってしまうと口々に「何にも怖くなかった~」「泣かなかった~」「やっつけた~」とほっとした様子を見せていました。

本当は、すごーくすごーくびっくりしたし、怖かったのではないかと思います。

 

その後は「福の神」がやってきて、おやつをもらって食べました。

P2020338

一年に一度の節分。お家でも豆まきをするかと思いますが、保育園でお友達とみんなで怖―い鬼をやっつけてちょっぴり自信がついたようです。

それぞれの心にいる鬼も退治できたことでしょう。

 

2月に入り、今年度もあと2か月を切りました。インフルエンザの流行も聞かれていますが、寒さに負けず、風邪をひかずに元気に乗り切りたいと思います。

2018/02/01

学年の時間

 

今日の幼児組の各学年の様子をお伝えします。

 

年長みずばしょう組は……

絵の具を使って絵の色塗り。

パレットの仕切りをお部屋に例えて「赤い絵の具はどのお部屋使ってもいいの?」「水は足りてる?」と先生たちに聞きながら思い思いに色塗りを楽しんでいました。

絵の具のチューブの押し加減や、水加減で色の濃さが違うこと等、自分で考えてやっていて、経験をして学ぶことは大事だと改めて感じました。

IMG_2617 IMG_2616 IMG_2623

 

年中さくら組は……

お遊戯室で運動プログラム。

しゃべらない、追い越さない、ふざけない等の約束を守りながら、先生の笛の音や指示に合わせて歩いたり止まったり、真剣に取り組みました。

簡単そうに見える動きなのですが、集中力がなくてはなかなか持続できない活動です。広いお遊戯室がしーんとなるくらい集中していました。

IMG_2615   IMG_2618 IMG_2620

 

年少ちゅうりっぷ組は……

1組と2組一緒にいろいろなもの探し。内容は連想クイズのような感じで、先生の出したお題に対して子どもたちが答える遊び。

今までは色のお題を出してイメージしたものを挙げたりしていたのですが、今日は「形」のお題で「まるいもの」を探しました。

丸い果物やタイヤ、うきわなどの他に上から見たフライパンや鍋!なんて声もあがっていました。

大人にはない子どもの想像力の柔軟さを感じる時間でした。

 

IMG_2619  IMG_2621 IMG_2622

 

各学年で、先生たちが色々な思いをもってさまざまな活動を取り入れているこの時間をこれからも大切にしていきたいと思います。

最新記事

アーカイブ

施設一覧

施設一覧

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

Copyright Atago Fukushikai All Rights Reserved.