スタッフブログ
ひだまりdiary

秋晴れの日、広い園庭ではみずばしょうさんが、「虫探し」をしていました。

DSCF4969 

透明のカップを片手に草のそばへそーっと近づく子、一定の場所にじーっとして虫の動きを見ている子、どの子も虫を探すのに夢中です。

 

 

DSCF4965 DSCF4967

捕まえるとティッシュでふたをしてゴムをかけて簡易的なケースを作って、自分の捕まえた虫を観察。

DSCF4987 DSCF4974

かまきり、トノサマバッタ、ダンゴ虫…いろんな種類の虫が捕れました。

自分で捕まえたということもあり、「僕が捕った虫見て!」と得意そうに見せてくれる子ども達。

みんな大事に持ってじっくり見ていました。

IMG_7757

「足がこんなところから出てるよ」「目がこんなところについてる」「こことここの色がちょっと違う」等…子どもたちは驚きと発見がいっぱいでした。そんな気づきがいっぱいあったところで、そのままお部屋に入って、その虫を大きな画用紙を描くことに…。

DSCF4979 DSCF4980  IMG_7755 IMG_7756  IMG_7758 

鉛筆を持って、お腹の模様や足のついている位置、目の大きさ等、自分で観察して上手にスケッチしていました。

それぞれ個性溢れた絵の下書きができあがりました。

IMG_7759 IMG_7760

スケッチの後、虫たちは園庭の自然に返してあげました。

後日、色を塗って完成させる予定です。

 

子ども達の声で始まった一連の活動でした。子ども達の意欲や想いを聞きながらこれからも楽しい活動をしていきたいと思います。

 

最近、1組と2組でリレーを楽しんでいます。

「エイエイオー!」と掛け声をかけて気合を入れてスタートします。

 

 IMG_9186

「よーい、スタート!!」

IMG_9187  IMG_9189 IMG_9190 IMG_9191   IMG_9194

ある日、4歳児でリレーをした時のこと…。

1組が勝ち、2組が惜しくも負けてしまいました。

お遊戯室で勝敗を発表した時は残念そうにしていた2組の子ども達。お部屋へ戻ったら悔しい思いが溢れ出て思わず涙が…。

保育士も「最後まで頑張ったんだから、泣かなくても大丈夫だよ。次も頑張ろうね」と声をかけてなだめていたら、1組の子が来てそっと声をかけてくれました。

IMG_9199 IMG_9200

勝って嬉しい気持ちだけでなく、負けて悔しい気持ち、次に頑張ろうと思う気持ちも育っていることを実感した出来事でした。

来月には運動会があります。みんなで楽しく、一生懸命に競技できるようにサポートしていきたいと思います。

本日、保護者会主催の子育て講演会が行われました。

講師に新潟信愛病院の稲月まどか先生をお招きし、前半1時間は大人(お家の方と職員)が子どもとの生活の中での関わりのヒントになるお話を聞きました。

「子どもたちには原因がないのに親のイライラを子どもに向けてしまっている時はないですか?」

「親の思い通りに育ついい子の姿を求めすぎていませんか?」

保護者の方から事前にいただいていた悩みや質問を含めた内容でのお話でしたので、皆さん共感して頷きながら聞いている方がたくさんいらっしゃいました。

DSCF2911 DSCF2912

後半30分は、タオルや新聞紙を使った親子での遊びの実践でした。

タオルを引っ張り合ったり、新聞紙を丸めたり破いたり…。身近なもので親子で遊び、お家の方も子どもたちも自然と笑顔になり、みんな楽しそうでした。

DSCF2913  DSCF2915 DSCF2916 DSCF2917  DSCF2919 DSCF2920 

最後は、使った新聞紙を丸めて用意していた大きなビニール袋に投げ入れ終了。片づけも遊びの流れでやることができました。

 DSCF2922

子どもたちは、満足そうな表情で帰って行きました。

参加した保護者の方や職員は「自分の関わりを改めて見直し、考えることができた」「頭では分かっていてもなかなか実践出来ないことがあるが、話を聞いて実践できるようにしていかなくてはならないと思った」「身近な話題で自分たちにおきかえて聞くことができた」等々、とても参考になったお話だったようです。

参加した保護者の方には、後日アンケートを取らせていただき、感想等を教えていただく予定です。

昨年度に引き続き、稲月先生のお話を保護者の方と職員とで聞くことができ、これからの保育にも役立てていきたいと思います。

 

追伸:金曜日の夕方、2代目うさぎ号が納車されました。

DSCF2924

来週から送迎します。安全第一で運行したいと思います。よろしくお願いいたします。

 

今日は保育園におじいちゃんおばあちゃんをお招きして、敬老の集いがおこなわれました。

お忙しい中、たくさんのおじいちゃんおばあちゃんが保育園に来てくださいました。

おじいちゃんおばあちゃんの姿を見つけると、嬉しくて思わず椅子から立ち上がって手を振ったりする姿が…。

DSCF4877

どんぐり0・1歳児「おやつたーべよ」の踊り

くるみ2歳児「ゆびにんじゃ」の踊り

ちゅうりっぷ3歳児「パプリカ」の踊り

さくら4歳児「おばけのバケちゃま」の踊り

ふれあい遊び「からだかるた」

みずばしょう5歳児「にいがた総踊り”05神楽」の踊り

         「たいない踊り」の踊り

緊張している子もいましたが、笑顔いっぱいでかわいらしい姿がたくさん見られました。

DSCF4879 DSCF4881 DSCF4883 DSCF4885 DSCF4887 DSCF4891 DSCF4897 DSCF4913 DSCF4914 DSCF4915 DSCF4917 DSCF4920

最後のみずばしょうさんがはちまきをして、化粧して、法被を着て踊る姿を見て涙を流していたおばあちゃんもいらっしゃいました。

「素敵な踊りで感動しますね」「本当に大きくなりましたね」「毎年見ていてこんなことができるようになったと感じられる行事ですね」等々ご感想をいただきました。私たち職員も、子どもの姿に感動と元気をもらっています。そんな気持ちや想いををおじいちゃんおばあちゃんと共有できたことはとても嬉しいことです。

DSCF4921 DSCF4923

あたたかい眼差しで見守ってもらい、そしてたくさんの拍手をもらい、子どもたちはまた一つ、自信がついたように思います。

帰りには、みずばしょうさんから「きのとまんじゅう」のお土産をもらって帰られたおじいちゃんおばあちゃん。「楽しかったよ」「ありがとう」「かっこよかったよ」と声をかけていただき、更に笑顔になった子どもたちでした。

 

おじいちゃんおばあちゃん、いつもありがとうございます。そして、これからもお元気で…地域の子どもたちも見守って下さい。

よろしくお願いします。

 

 

明日13日は十五夜です。保育園では今日、幼児さんが「お月見会」をしました。

朝、お遊戯室に集まって十五夜の由来の話を先生から聞きました。

DSCF2894 DSCF2910

そして各クラスで白玉だんごつくり。

DSCF2897

今日材料は白玉粉1袋と絹ごし豆腐1パック。これをこねて丸めました。

P1020330 P1020323 P1020321

子どもたちの出番がやってきました。手を洗って準備OKです。

「冷たいね」「卵の匂いがする」「なんか粘土みたい」「うどんみたい」等々、子どもたちの反応も様々です。

P1020333  P1020334 P1020336  P1020335

P1020322 P1020339

各クラスで丸めただんごは、先生が待っているお部屋へ。お湯で茹でてもらいました。

 

P1020331  P1020332 P1020337  P1020342 P1020343

先生たちに盛り付けをしてもらって、茹でた白玉はみたらしだんごにしていただきました。 

DSCF2898 DSCF2900 DSCF2899

保育園中に美味しい匂いが広がりました。「おいしい~」「やわらかい」と笑顔いっぱいで食べていた子どもたち。

 

由来を聞いたりするよりもおだんご作りがメインになってしまったところもありますが、とても楽しい活動(クッキング)でした。「これ、簡単だからお家でもお母さんに教えよう!」と言っていた子もいましたので、と~っても簡単な作り方をご紹介します。

材料と作り方:①白玉粉1袋と絹ごし豆腐300g(豆腐のパックに入っている水分もすべて白玉粉と混ぜてこねる。水不要)

       ②沸騰したお湯に丸めた白玉を入れて鍋の中で上に浮かんで来たらざるにあけ、さっと水をかける。(やけどしないように冷やす)

       ③めんつゆと水と砂糖と片栗粉でみたらしあんを作り、白玉にかけて完成。

ぜひ、お家でも親子で楽しくクッキングしてみて下さい。

これからも季節に合わせた活動を取り入れていきたいと思います。

最新記事

アーカイブ

施設一覧

施設一覧

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

社会福祉法人愛宕福祉会

新潟市北区松潟1510番地 TEL.025-384-2941 FAX.025-384-2942

Copyright Atago Fukushikai All Rights Reserved.