ドリーム情報ステーション
BLOG

ドリーム情報ステーション

施設外就労 大山台ホーム作業を紹介します。

2021.05.25

    ドリームネクストでは、施設外就労先として大山台ホームという高齢者施設内での作業も行っています。主に、居室清掃と洗濯を請け負っています。

清掃作業では、1Fと2Fそれぞれのユニット内にある4人部屋を清掃しています。

洗濯作業では、衣類の回収・点検・洗濯機作業・乾燥機作業・仕分け・たたみもの・納品という工程があります。それぞれの工程をメンバーで分担し、日々作業しています。

 

    清掃作業では、清掃の技術も必要ですが、居室におられるご利用者の方やユニットの職員さんとのコミュニケーションが必要なこともあります。どのような状況の時に、どのような報告が必要なのか、その時の状況を判断して決めなければなりませんが、決められた時間内に清掃も終えなければならないのです。

作業される皆さんは、このマルチタスクをどう処理するか、どうやったらスムーズに清掃ができるのか、どうしたらうまくコミュニケーションが取れるのかと、日々悩んでおられることと思います。

 

また、お仕事の経験年数が長くなればなるほど、顔と名前が一致するご利用者の方も増えるので、声をかけていただくことも多くなります。

作業を進めなければならないけれど、話しかけられてしまうことも増える。その分、報告した方がいいことかどうかの判断も必要になるのです。

 

    ここで求められることは、作業のスピード、コミュニケーション能力、気持ちの切り替えとなります。(他にもあるかもしれません)もっとかみ砕いて言えば、次の作業への焦りを感じながら、必要な報告を適切なタイミングで行ない、気持ちを切り替えて次の作業に向かうということですね。とても大変なことです。ですが、就労訓練の場として、実際の介護の現場に入り、清掃の訓練をさせていただけることで、とても多くのことを学べる。これはチャンスだと思います。

それぞれのメンバーがそれぞれの目標に向かって、日々、試行錯誤を繰り返し頑張っています。

以上、現場からお伝えしました。