燕あたごこども園 Smile Dialy
BLOG

燕あたごこども園 Smile Dialy

お面づくり

2020.01.22

お正月も終わり、来月早々に「節分」があります。

節分は無病息災につながる意味も含まれています。

子どもたちがこの一年、元気に過ごすことを願って

こども園でも節分の日に豆まきを行います。

 

まずは手始めにお面作りを行いました。

シール貼りが上手になり、少しずつ「自分で!」と

自我も見られるようになった小さな子ども達。

008018

032

 

紙を丸めたり、広げたりと動きを繰り返しながら

楽しんでいました。

 

少し大きなお兄さんは初めての素材に挑戦です。

毛糸を丸め、目は怖そうな表情に。

そして鬼の大事な歯も指先を使って貼りました。

024

 

自分の鬼が完成すると・・・

028

 

納得の出来栄えにご満悦でした。

 

最後は大きなお姉さん。

最初は顔作りから始めました。

口や鼻を貼り付けます。

のりを「すくう」「のばす」ことは「加減」を

知るための大切な経験です。

005

 

 

 

次は鬼の髪の毛作りです。

穴の開いた厚紙に毛糸を自由に通していきます。

毛糸を通した針をしっかりと持って、集中し

ながらさしていきます。

013015

 

できあがった鬼は迫力満点!!!

(園にてご覧ください)

 

「やだやだ鬼」「おこりんぼ鬼」・・・体の中には

いろいろな「鬼」が潜んでいそうですね。

でも、ちょっと厄介そうな鬼ですが、これも元気に

成長している証です。

自分の気持ちがうまく伝えられない年齢ですが、

そんな時期を楽しみ、今しかない成長の1ページに

なるといいですね