燕あたごこども園 Smile Dialy
BLOG

燕あたごこども園 Smile Dialy

はじめての園外保育

2020.11.10

今日は2歳児のお友達が初めての園外保育に

行ってきました。

この日を心待ちにしていた子どもたち。

009

 

「行ってきま~す

お留守番のお友だちは、うらやましい気持ち

も見え隠れしながらでしたが、お兄さんたちを

お見送りしました。

「いってらっしゃ~い!」

 

早速バスに乗り込んで、出発進行

ちょっぴり緊張した面持ちです。

014 013

運転手の施設長さん。今年も安全運転で目的地

の三条市体育文化会館に向かいます。

 

目的地に到着。

017

おやつを済ませ、探索スタートです。

ロッククライミング、発見

036 037

 

075 080

 

なかなかの高さまで上ることが出来ました。

手が届くところ、足が届くところと考えて、

選びながら上りました。

保育者との触れ合いもできました。

 

 

次はネットアスレチックです。

この赤い丸。

 

042

実はこのようになっています。

028

 

大きな格子や小さな格子とあり、体全体を使って

遊びます。

 

「少し怖いな…」と立ち止まっているAさん。

027

「こんなに高いところ、どうやって上るのかな?」

とお友だちの上る様子を観察しています。

 

軽快に上っていたBくんをじっくりと見ていると、

「僕もできるかも!」と思い、早速挑戦

047 065

072 050

体の使い方がわかると、自由に高いところへいく

ことが出来、できなかったことが出来るように

なった喜びは大きな自信につながりました。

 

お互いに「できること」「できないこと」が

あります。

しかし、お友だちの姿を見て、それぞれが

刺激を受け合いながらできることに変えられた

ことは大きな収穫です。

 

子どもたちの自信に繋げる時、

大人は答えややり方をついつい先に伝えてしまい

がちになりますが、子どもたちは、子ども同士、

言葉がなくても状況を見て、自分なりに考えて、

真似て、自信に変えていきます。

だからこそ自信がついた時の喜びは大きいものに

なるんですね

 

頭も体もたくさん使って、ついにエネルギー切れが…。

「おなか、空いた~

 

園に戻ってお昼ごはんにすることにしました。

 

本当はお外で食べたかったお弁当でしたが、

今日はお部屋で食べることに。

ですがピクニックシートを敷いて、いつも使う

椅子やテーブルはお休みにしてシートに座って食べ

ることにしました。

094

 

今日はこども園特製お弁当です

108 109

大好きなトイストーリーに包まれたお弁当を開くと…

111

「おいしそう!」 (いただきました)

メニューは

・鶏のから揚げ

・ブロッコリーのおかかあえ

・フライドポテト+フライドれんこん

・スパゲッティー

・おにぎり(鮭、若菜)      です。

112 124

125 123

 

 

 

 

きれいに食べてくれました

 

こども園の園外保育は2歳児のみの活動です。

 

来年の春から大きな園に巣立つ前に、いつもの

環境では学ぶことが出来なことを知る機会に

しています。

今年度は予定していた時期よりも遅い時期と

なってしまいました。

子どもたちにとってたくさんの刺激を受ける

このような機会を、残りの時間の中でまた作る

ことが出来れば…と思っています。