燕あたごこども園 Smile Dialy
BLOG

燕あたごこども園 Smile Dialy

春の旬

2021.04.22

新学期がスタートし、もう少しで1か月が

経とうとしています。

子どもたちはひとつ大きくなれたことで、

これまで見られなかったたくましい姿や

頼もしい姿が多くみられるようになりま

した。

 

なかなか落ち着かない新型コロナウイルス。

子どもたちにとっての1年は、大きくなるた

めの大切な時期です。その大切な時期の中で、

たくさんの経験の機会を作ってあげたいと

いう思いから、感染症に十分配慮した中で

今回は旬の食材に触れる機会を設けてみ

ました。

 

景色も新緑がきれいに見られるようになり、

スーパーでも様々な春の食材が見られています。

春の旬の野菜として、たけのこ、セロリ、

クレソン、さやえんどうなどがあります。

今週の献立にある「豆ごはん」の準備として

グリンピースのさや剥きのお手伝いして

もらうことにしました。

※グリンピースはさやえんどうをより豆が

 成長したものです。

 

保育者:「お手伝い、お願いします」

その声にお手伝いスイッチONです。

保育者:「このお豆、グリンピースって

    いうんだよ。みんなも一緒に言って

    みよう!」

子ども:「グンピース!!!」

 

保育者からさやの剥き方を教えてもらい、

早速挑戦です。

子ども:「できな~い…」

保育者:「お父さん指でキュッと押してごらん」

子ども:「お豆、あった!」

    「お豆、見えた!」

IMG_9170 IMG_9171

IMG_9172 IMG_9173

IMG_9174 IMG_9177

 

みんな夢中になって、お手伝いをしてくれました。

IMG_9186 

(ほんの一部です)

 

全部のお豆を取り出すと、大事に届けてくれました。

IMG_9182

 

子どもたちが大事に取り出してくれたグリンピース。

明日のお豆ごはんに使います。(刻みます)

グリンピースを苦手とする子もいますが、自分の

手で取りだしたお豆はきっとおいしいはずです。

 

明日の給食で子どもたちからどんな言葉が聞こえて

来るか、今からとても楽しみです。

 

現代ではいつでも旬以外の食材を手に入れやすく

なっていて、「旬」というものが薄れ始めて

いることを感じています。

旬はその食材がおいしく食べられる時期のことを

意味します。そしておいしくなるだけではなく、

大切な栄養量もぐっと増えます。

子どもたちには旬のものを意識した給食提供を

心がけています。

「食べることって楽しい!」

園の食育目標でもあるこの言葉を根っこにしながら

様々な食材に触れる機会を通して、食育に

繋げていきたいと思います。