燕あたごこども園 Smile Dialy
BLOG

燕あたごこども園 Smile Dialy

おいもほり♪

2020.10.07

春から「みんなの畑」で育ててきた

さつまいも。

暑さにも負けず、ぐんぐんと弦を

伸ばしながら大きく成長していました。

 

保育者①:

「お芋、いつごろ収穫する?」

保育者②:

「7日ごろ、お天気を見て掘ろうかな~。

 その前に、弦を切ってきます」

保育者②が畑に行き、弦を切り始めると…

うねの外からさつまいもがひょっこりと

顔を出していました。

保育者②:

「大きなお芋が顔を出してた!」

と驚きの様子。

 

ということで予定通り、今日お芋ほりを

行いました

お芋ほりには、施設の入居者様も声援の

お手伝いにやってきてくださいました。

 

 

子どもたちにとって、はじめてのお芋ほり

でしたので、お芋の採り方を一緒に触れ

ながら伝えました。

070

「緑色のところをしっかりと持ってね」

071

「周りの砂をそっとよけてあげて…」

072

「おっきいおいも、採れたよ!!!」

 

他のお友だちも、お芋ほりに挑戦です。

075080

082089

091092

 

子どもたちは土の中から出てくるお芋を

夢中になって探していました。

表情はとても真剣です。

声援のお手伝いをしてくださっていた

施設の入居者様の温かな応援のおかげ

もあり、たくさん収穫することが出来

ました。

お留守番チームもテラスから見守って

くれていました。

115116

 

気づけばこんなにたくさんのお芋

自然の恵みに感謝です

096120

 

 

大収穫!!!!!

 

 

応援してくださった施設の方にもおすそ

分け

163

子ども達:「お届け物で~す!」

入居者様:「こんなにたくさん!」

施設の方はとても喜んでくださって、

子どもたちも嬉しかったようです。

 

今年は感染症予防の対策として、

施設にはお邪魔することをお休みに

しています。

お届け物をしたわずかな時間では

ありましたが、施設の方と触れ合えた

ことは子どもたちにとって嬉しい

ひと時になりました

 

お芋ほりの経験を通して、

土に触れること(土の感触)、

優しくお芋を扱うこと、

大きさを知ること、

重さを知ること、

土の香りなどなど。

たくさんの発見が出来たようです。

「お芋ほり、楽しかった!」と

自分で感じたことを言葉で伝え、

友だちと気持ちを共有する姿…。

今回の経験を通して、子どもたち

の新たな成長の気づきにもなり

ました。

 

 

たくさん採れたお芋は少し休ませ

てあげてから美味しくいただきます。

今からとても楽しみです